情報提供:大阪府立成人病センター

大阪がん情報提供コーナー

臨床試験 詳細情報

試験ID UMIN000009330
臨床試験名 胃がん肝転移症例(同時性、異時性)に対する化学療法施行後の外科手術(surgical intervention)に関する第Ⅱ相臨床試験
実施病院 りんくう総合医療センター
研究主体 大阪大学消化器外科 上部疾患分科会
がんの種類
初発/再発 初発 / 再発
対象

肝臓の転移病巣は1-4個、最大径5cm以下、他のがんの併存(重複癌)がなく、腹膜播種や遠隔転移(肺、骨、脳、遠くのリンパ節など)がない。

進捗状況 応募前
試験概要 胃がん肝転移症例に化学療法を先行させ、治癒切除が可能と判断された症例に対する、
根治的外科治療の有効性の検討を行う。また、治癒切除に至る割合、肝転移巣を含めた切除の安全性、
治癒切除症例の予後、予後因子解析に基づく肝切除を含めた外科切除の適応基準を検討する。
全体の応募人数50人(当院5人)
試験期間2011年12月~2020年11月
説明文書 591説明同意書 PDF