情報提供:大阪府立成人病センター

大阪がん情報提供コーナー

臨床試験 詳細情報

試験ID UMIN000007940
臨床試験名 フッ化ピリミジン系薬剤とプラチナ系薬剤との併用療法に不応となった進行・再発食道癌に対するドセタキセル単独療法とパクリタキセル単独療法のランダム化比較第II相試験 (OGSG1201)
実施病院 八尾市立病院
研究主体 OGSG
がんの種類 食道
初発/再発 初発 / 再発
対象

フッ化ピリミジン系薬剤とプラチナ系薬剤との併用療法に不応となった進行・再発食道癌の患者さん

進捗状況 登録中
試験概要 【試験の目的】
フッ化ピリミジン系薬剤とプラチナ系薬剤との併用療法に不応となった進行・再発食道癌患者を対象として、パクリタキセル療法とドセタキセル療法の有効性および安全性をランダム化第Ⅱ相試験で検討し、より有望な治療法を選択する。
主要評価項目:全生存期間(Overall survival:OS)
副次評価項目:無増悪生存期間(Progression-free survival:PFS)
       治療成功期間(Time to treatment failure:TTF)
       奏効割合(Response rate:RR)
       有害事象の発現頻度と程度
【参加人数と試験期間】
登録数:80例(各群40例)
登録期間:7年(2012年5月1日~2019年4月30日)
追跡期間:最終症例登録日より1年
解析期間:追跡期間終了後1年
説明文書 同意説明文書 PDF