情報提供:大阪府立成人病センター

大阪がん情報提供コーナー

臨床試験 詳細情報

試験ID UMIN000031317
臨床試験名 オキサリプラチン・ベバシズマブによる病勢コントロールが得られた進行再発結腸・直腸癌に対するTAS-102+Bevによる計画的維持投与(Switch Maintenance Therapy)の有効性と安全性に関する検討; 多施設共同第II相試験 Switch Maintenance Study
実施病院 星ヶ丘医療センター
研究主体 大阪大学消化器外科共同研究会
がんの種類 大腸
初発/再発 再発
対象

切除不能・再発大腸癌患者

進捗状況 登録中
試験概要 試験の目的
切除不能・再発大腸癌患者を対象に、Induction治療としてフルオロピリミジン、オキサリプラチンおよびベバシズマブが含まれた1次治療を施行し、計画的に中止する。引き続き施行されるMaintenance Therapy (TAS-102+Bev療法)の有効性および安全性を検討する。
Primary endpoint: 無増悪生存期間(Progression Free Survival; PFS)
Secondary endpoints: 全生存期間(Overall Survival; OS)、奏効率(Response Rate; RR)、病勢制御率(Disease Control Rate; DCR)、Rechallenge率、安全性(投与継続期間、Dose intensity、有害事象、オキサリプラチン積算投与用量)

応募人数
55例(うち、当院5例)

試験期間
承認後~2020年12月
説明文書 星ヶ丘医療センター 第1版 PDF