情報提供:大阪府立成人病センター

大阪がん情報提供コーナー

臨床試験 詳細情報

試験ID UMIN000011485
臨床試験名 進行・再発の結腸・直腸癌におけるパニツムマブ療法の皮膚毒性に対する予防療法の検討
実施病院 星ヶ丘医療センター
研究主体 大阪大学消化器外科共同研究会 大腸疾患分科会
がんの種類 大腸
初発/再発 初発 / 再発
対象

KRAS遺伝子野生型の治療切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌の治療目的で抗EGFR抗体薬を使用予定の症例(併用/単剤)

進捗状況 登録中
試験概要 試験の目的
日本人の治療切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌の治療において、標準的な化学療法レジメンにパニツムマブを併用、もちくはパニツムマブ単独療法を行う際、実臨床に即した抗EGFR抗体薬による皮膚障害のコントロール方法を検証することを目的とする。

応募人数
160名
A群(スキンケア+抗生剤投与群)80例
B群(スキンケア群)80例

試験期間
2013年8月~2020年7月
説明文書 星ヶ丘医療センター 第2版 PDF