情報提供:大阪府立成人病センター

大阪がん情報提供コーナー

臨床試験 詳細情報

試験ID UMIN000018682
臨床試験名 腹部外科手術におけるアスピリン継続投与研究
実施病院 りんくう総合医療センター
研究主体 大阪大学消化器外科共同研究会 リスクマネジメント分科会
がんの種類 胃 / 大腸
胆嚢・胆管
初発/再発 初発 / 再発
対象

1) 胆嚢疾患治療目的に胆嚢摘出術、あるいは胃・大腸疾患目的に胃切除術・大腸切除術を施行する患者*
2) 開腹手術または腹腔鏡下手術の待機手術症例の患者
3) 3か月以上、アスピリンを継続して内服している患者20歳以上の患者
4) PS0-2の患者
5) 周術期アスピリンを継続することの利益と不利益のバランスが明確でないと、治療にあたる医師が考える患者

進捗状況 応募前
試験概要 目的
心血管疾患の予防目的でアスピリンを内服している患者を対象として、アスピリン内服を中止せず続行したままで消化器外科手術を施行することの安全性を、アスピリン内服を中止して手術を施行する場合の成績を対照に比較評価(非劣性)する。
症例予定数:全体300人
試験期間:承認後~2019年11月30日